プレビコックスで関節炎から守る!人と一緒でペットも関節が大事

プレビコックスの関節炎に対する効果について

人間と同様で歳を取った犬は体の至る所々にガタというものが出始め、様々な病気にかかるようなり例を出すと、関節炎です。
この病気は高齢になるにつれペットにはよく見られる症状で品種や体型、年齢等において引き起こす可能性は十分にあります。
徐々に悪化する病気であり、骨同士の軟骨に支障が出て関節が炎症を引き起こしますこの炎症により関節の働きが悪くなり身体に慢性する痛みが発生するのです。
鎮痛剤で治癒されるパターンが多く関節炎は大人の犬、凡そ5頭に2頭がかかっているのです。

そこで、病院から処方される鎮痛剤の1つにプレビコックスと呼ばれてる、関節症によって生じる痛みを和らげてくれる非ステロイド性の抗炎鎮痛剤が存在します。
痛みを発症すると散歩や歩き回る際に足を引きづりながら歩いたり、階段の昇り降りや走る、ジャンプする等の行動が出来なくなり運動量の低下と共に動作が全体的に重くなり嫌がる素振りを見せる様になるのです。
他には軟部や避妊の手術にも用いられ手術後の炎症や痛みの緩和にも効果が発揮されます。
しかし、プレビコックスには関節炎を完全に治してくれる効果が無い代わりに、発症に伴う痛みと炎症の症状緩和が出来て、ペットの運動能力改善効果が期待出来るのです。
殆どの犬に効果が現れると言われており、犬種や体調に左右しますが痛みが緩和される事で運動機能の回復も見込める優れた薬なのです。

しかし途中で使用の中断や、獣医の指示に背いた容量用法を守らなかった場合は痛みの増悪や重篤な副作用が発生する危険性が考えられるのでもしも服用期間中にペットの不快感や異変が感じられたのならばすぐさま獣医に相談をして下さい。
最後にプレビコックスは犬用のお薬であり人間には使用できませんので子供の手の届かぬ場所で保管したり、投与期間というものは獣医師が診断してそれに基づき投与量と期間が決定されます。
ですので、使用中の期間をきちんと守り容量に関しても症状が中々改善されないからと言って自己の勝手な増量は禁止行為であり、副作用が疑われた場合には投与の中断と医師の診断を受けて対処シてください。